幼馴染と久しぶりにランチを楽しむ約束になりました。
よく行くファミレスで、お喋りを楽しむことになったのですが、最近の家庭内のセックスの話に話題がおよんで行きました。
出産してからクンニしてくれないことを伝えてみたのですが、彼女のところは旦那さんが全く舐めてくれないようでした。
「あそこ舐めるのが嫌いみたいで、お付き合いしている頃から一度も舐めてくれないんだよね。前彼なんかすごくいっぱいクンニをやってくれたから、すごく寂しくてね」
「それ、かなり欲求不満にならない?」
「なるよ、さらに最近はエッチの回数も減っちゃっててさ、余計って感じ。クンニされたいって思うんだけどしてくれないからね、別の人にお願いしようかなって思っちゃって」
「それってもしかして舐め犬とか?」
「そうそう、よく知っているね。それで舐め犬を作っちゃったんだよ」
「えっ本当に?」
私は舐めてくれる人を探すことに失敗してしまっています。
でも幼馴染はクンニ好きの男性と知り合うことに成功、定期的に舐めてもらう関係を作っているようでした。
「やっぱり、掲示板で失敗しちゃったの?」
「うん」
私が無料の舐め犬掲示板を利用して、相手探しに失敗した話を伝えてみたのですが、どうやら彼女も同じような感じだったようです。
「私も最初はその無料掲示板だったんだけど、全く出会いを見つけられなくてね」
どうしてもクンニしてほしいと思っていた幼馴染、出会いの方法を調べまくったようです。

「結局は登録が必要なくて匿名性の高い世界っていうのは、あまり質の高い人がいないってことがわかったんだよね。どうしてもクンニされたいから、あれこれ調べて利用価値が高いのは登録しなくていけない出会い系サイトだってわかったんだ」
「出会い系サイトなら、クンニしてくれる人がいる?」
「いるよ!挿入なしで、舐めるだけの関係作れた」
出会い系サイトの方が無料の掲示板よりも、安全性が高く、募集の趣旨をわかってくれる人もいるようでした。

 

女性は完全無料定番サイト男性だけ有料
舐め犬募集サイトBEST5
舐め犬探しの成功者から教わったサイト